qa
期限の利益の喪失通知とは?届いたらどうするか

まず冷静になってみる

あまり聞き慣れない期限の利益の損失通知は、法律用語となりますので、日常生活でよく聞くような言葉ではありません。簡単に言いますと、滞納してしまった住宅ローンなどが、今の段階のままですと、ローンを維持できませんということを知らせる通知です。この期限の利益の喪失通知が届いた段階で、既に自分自身でも住宅ローンを払えない状況は認識しているはずです。中には、それほど大変な知ら背であると認識できない場合も多いようです。実際には、この期限の利益の損失通知が来たことで、更に現実を見ることになります。しかし、ここで慌ててしまいますと、冷静な判断ができなくなりますので、一度落ち着いて次の行動に移りましょう。

素早く滞納分を支払う

どのような事情で住宅ローンを滞納しているのかにもよりますが、中には、特に収入などに問題がある訳ではないのに、支払いを滞らせているケースもあります。そのような人は、期限の利益の喪失通知が届いてもあまり気にすることがなく、自分自身がどのような状況になっているのかも分かっていないようです。そのような人は、言い訳などをせずに素直に滞納した分を支払ってスッキリさせましょう。しかし、中には生活苦でどうしても住宅ローンが支払えないという場合もあります。そのような場合は、期限の利益の喪失通知が届いた段階で、弁護士などの法律の専門家に相談するのがおすすめです。

債務者に相談をしてみる

住宅ローンを支払わずに滞納していることで、期限の利益の喪失通知が届いた場合には、まずは債務者となる金融機関などへ相談するのが良いでしょう。それぞれの事情があることから、初めに組んだ住宅ローンの支払い金額では難しい場合も出てくるでしょう。多様な相談に応じてくれる可能性がありますので、初めから諦めずに債務者となる金融機関への相談はおすすめです。しかし、期限の利益の喪失通知が届いた段階で早めに相談するのが基本で、あまり日数が経過してからでは対応してもらえないケースもありますので注意しましょう。

競売や任意売却を検討する

期限の利益の喪失通知が届いた場合、任意売却を選択することや競売と言う道になってしまいます。滞納を放置してしまいますと、その後期限の利益の喪失通知を放置した結果、最終的には住宅が競売に掛けられてしまう問うケースは少なくありません。自らの置かれた状況にきちんと向き合わずにいますと、最悪の結果になってしまいます。そのため、期限の利益の損失通知が届いた時には、積極的に任意売却するほうがよりよい選択となります。自分自身の財産として売却するチャンスである任意売却は、まだほんのわずかでも未来や希望がある得策です。債権者の同意を得て、一般的な不動産取引として売却する方法となります。

放置するとどうなる?

期限の利益の喪失通知を放置するということは、競売へと一歩近づくことになると同時に、住宅ローンに対する責任や家に対する思いなども一切ないと判断されてしまいます。自分の置かれた状況を把握することはとても重要で、どの程度なら支払うことができるのかと言う計算や、支払えない場合には、住宅を売却する方法などの選択肢があります。しかしそのような決断は早い方が良く、素早く行動を起こすべきです。少しの早い判断や選択によって、今までの行動を改めるきっかけやチャンスに繋がることもあります。放置をして時が過ぎるのを待とうという安易な判断ではなく、現実を受け止めて、期限の利益の喪失通知の重みを知りましょう。

Copyright c 2018 任意売却支援機構 All Rights Reserved.