qa
任意売却のメリットとデメリット

任意売却のメリット①

任意売却は、周囲に知られること無く、自宅を売却できるというメリットがあります。競売の場合には、新聞やインターネットで情報があっという間に知られてしまうので、友人や近所の人に、すぐに事情を知られてしまうというデメリットがあります。しかし、任意売却の場合には、一般の不動産売却と同じような販売活動を行いますので、周囲には住宅ローンを滞納したことが知られるデメリットがありません。そのため任意売却には、安心して自宅を売却することができるというのがメリットです。そのため近所や知人に対しても、自宅を高く売却できるようになった…と言う説明ができます。もしも、住宅ローン滞納への対処が遅れて競売が開始し多場合でも、任意売却に関する合意を得て競売を取り下げることが可能な点もメリットとなるでしょう。

任意売却のメリット②

任意売却のメリットは、市場に近い価格で販売できることです。通常の不動産取引と同様の方法で売却する任意売却は、競売による強制的な売却よりも市場価格に近い価格で売却できます。不動産を高く売却する条件は、より多くの人に不動産物件の情報を届ける販売活動に加えて、より良い条件で購入する人を探す時間が必要です。任意売却の場合は、その両方が可能な点が大きなメリットで、競売よりも高い価格で売却できるでしょう。高い価格で売却することは、任意売却後に返済しなければいけない残債を少なくできますので、そのような点も合わせてメリットとなります。

任意売却のメリット③

残債が分割返済できる点も、任意売却のメリットとなります。任意売却の場合には、自宅の売却後も残ってしまった債務となる残債は、持ち主だった人と債権者となる金融機関や住宅金融支援機構などで協議を行って、無理のない範囲内で分割返済ができます。この点は任意返済のメリットとしてとても重要で、今までと同じ条件で支払いを続けることが難しいという状況は、債権者となる金融機関なども十分理解をしています。よって、現在の収入や生活状況を十分考慮して、現実的な返済方法を話し合って対応してくれるでしょう。そのため、ほんのわずかな金額の返済額でも、対応してもらえるケースがほとんどです。

任意売却のメリット④

任意売却の最大のメリット初めて、住み慣れた今の住宅でそのまま生活ができる点です。任意売却を検討する人の多くが、住み慣れた我が家に今まで通り住み続けたい…とご希望されるケースが多いです。その理由は家庭によって様々ですが、家族が病気で引越しが困難である場合や、介護が必要な家族がいるなど、自宅で引き続き暮らせることが絶対条件であるという場合もあります。任意売却は、通常の不動産取引と同様に、購入者を選べるというメリットがあります。そのため、資金や財産にゆとりがある身内や、金銭的に余裕がある投資家に自宅を買い取ってもらって、家賃を支払うという形を選択することもできます。このように、そのまま自宅に住んで、賃貸戸建と言う形として住み続けるという方法があります。このような方法は、リースバックや家族間売買、親族間売買とも言い、任意売却のメリットとなります。また、どうしても引越しをしなければいけない…という場合であっても、引越し時期が購入者と交渉できます。そのため、1か月程度かけて近所で引越し先を見つけてから転居してから新生活を開始できることから、追い出されるような心配がないのも任意売却のメリットです。

任意売却のメリット⑤

任意売却のメリットは、自分自身の意志で売却活動が行えるということです。売却日時や売却する相手、いくらで自宅を売却するかなどの細かな内容は、本人の意向を反映した形で進みます。このような動きは任意売却の特徴で、競売では自分自身の意志を持つことはできません。そのため任意売却では、いつ売却をして引渡しをするのかなど、細かい項目を購入者と調整できます。その結果、引越し先の確保や身の回りの準備などは、余裕を持って進められますので、慌てることなく安心です。

任意売却のデメリット①

連帯保証人などの同意が必要である任意売却は、この点がデメリットとなります。住宅ローンを借りる際には、連帯保証人など、債務を連帯して負っている人がいる場合が多くあります。そのため、二に売却をする場合には、連帯保証人から任意売却に対する同意が必要となりますので、忘れずに覚えておきましょう。連帯保証人は、夫婦が共同で自宅を所有している場合に多く見られます。そのため、任意売却がしたくても連帯保証人に連絡が取れない時や、同意が得られない…といった場合、任意売却はすることが不可能です。デメリットとなる任意売却時の連帯保証人との関わりは、事前に良く把握しておきましょう。

任意売却のデメリット②

任意売却でのデメリットは、売買価格と債権者の求める金額の差が大きい場合が問題で、時には話し合いが平行線のまま、先に進まなくなるケースもあります。任意売却は、市場価格に近い金額で販売を行いますが、残債と市場価格に開きが大きい場合には、金融機関から任意売却への同意が得られないことも多々あります。これは、債権者にとっても任意売却は競売に比べてメリットが大きいので、任意売却の話し合いが上手くいかなくなった場合でも債権者との交渉を続けるのがおすすめです。求める金額に差が生じるのはデメリットですが、交渉次第では話し合いが上手くまとまるケースもあります。

任意売却のデメリット③

デメリットとなる任意売却の相談先の複雑化は、依頼先を決めるまでに時間が掛かるので緒大きなタイムロスが発生します。任意売却は、通常の不動産取引と違いますので、法律の知識や経験が必要となります。しかし、任意売却に関する決まりは特になく、誰もが任意売却の専門家である様な肩書きや、任意売却の経験が豊富であるようなプロフィールを作成して書くことが可能です。その点が依頼する際の大きなデメリットとなってしまい、任意売却を行っている会社の中には、モラルの低いものや悪徳業者なども存在しています。任意売却の相談をする際には、悪い業者には注意しましょう。

任意売却のデメリット④

任意売却のデメリットとして存在するのが、住宅ローン滞納3か月以上で信用情報機関に掲載される可能性です。任意売却だけのデメリットではありませんが、住宅ローンを3か月以上滞納した場合、信用情報機関に登録される可能性があります。信用情報機関へはカードローンや消費者金融など、他の借入を滞納しても登録されてしまうというデメリットがあります。また、分割で支払っていくようなリース商品の場合も、支払いが滞ってしまうと信用情報機関に登録されますので注意が必要です。もしも、信用情報機関に登録されてしまいますと、7年間程度は金融機関からの借入などができなくなるとされています。

任意売却のデメリット⑤

成功するとは限らない点が大きなデメリットとなる任意売却は、依頼先を賢く洗濯しなかったことで、想像とは違う展開になってしまう失敗例も沢山あります。様々な人と大きな金額に関することを交渉する任意売却は、仲介してくれる業者の選び方一つで進むべき道が変わります。そのため、本当に信頼できる業者を探して話を進めなければいけない点がデメリットで、周囲に相談しにくい内容であることから、選ぶ時の判断が難しくなります。以前に任意売却を経験したことがある人などが身近にいる場合には、よく相談をしてみましょう。

Copyright c 2018 任意売却支援機構 All Rights Reserved.